外国為替証拠金取引(FX)についての良いところはたった一つの商品でありながらお金を掛ける期間を「短期」「中期」「長期」の3種類の中からいずれを選定するのかということで、資金を費やす手だてが全然異なってくるところにあると言います。外国の貨幣へ投資の「長期の投資」に関して詳しく見てみよう。長期スタンスというのは一年以上の長期の出資を基本にしているものです。基本的に為替相場で一年以上経過した後の為替のレートが円高だろうか、逆に円安かどうかを予測することはほとんど無謀でしょう。現実的には、「それほど先の状況のことは予測できない」というのが本音です。予想もできないことを一生懸命に予想しようと努力しても、無謀なことです。そんなわけで、他国の貨幣を買って、その時点での価格よりも円高でも、その損失分は近い将来円安になるはずだという程度の意識でやり取りに向き合うものです。為替の利益を積極的に大きくすることよりも、別の方法での収益スワップ金利で儲けることを最初の望みと決めて投資しましょう。当然少しの間に為替差損に損がかなり膨らむこともあります。このためこういう場合のような為替差損が大きくなっても影響のないよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を最小限で売買するのはポイントです。外国為替証拠金取引(FX)は差損が一定金額よりも大きく広がってしまうと追加保証金を求められたりまたは損切りを置くことになります。ストップロスがかかったら即座に取引を終了することになり、長期投資はダメになります。この手のリスクを抑えるにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍ほどでトレードする方が良いでしょう。2番目に中期スタンスの売買についてです。中期の場合は最大で1?2ヶ月程度後を推測しての取引です。為替取引の時、およそ1ヶ月後のことであれば、おおかた、予測しやすいでしょう。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)などのような世界的な会議の内容や、為替市場で取引している人たちがいかなる事柄に注目しているのかを聞いてみれば、いくらか、先読みできるのです。こんな経済の状況をチェックしながらなおチャートを参考にすることで為替の相場の動きをわかるようになり売買を決定する方がいいと思います。基本的に、経済の基礎的条件とテクニカルの両面で良い方向であり、もしくはどちらも買い傾向が一致した時はまずその方向に動くと考えて良いのです。その場合持ち高を増やすことによってもっと高い利益をもらえるはずです。最後に短期スタンスのポイントです。ここでいう短期スタンスというのはいわゆるデイトレーディングのことを指しています。為替相場で日計り取引をする場合、経済の基礎的条件はまったく影響しないと言い切れます。というのもあくる日の相場の変動に、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は反映されないからです。この場合の、一番の重要ポイントは大規模な催し物がありそれが影響して為替レートが目立って変化する瞬間を待ってトレードすることです。たとえば米国にて雇用者の統計が提示されるはたまた金利政策などで制作金利が変動するくらいのこと。このようなチャンスに変わり目を見過ごさないといった意味で、短期のスタンスは多様な要素が必須になる。