為替介入(外国為替市場介入)というのは耳にした事がありますか?日本銀行が為替介入をして新聞、雑誌記事、テレビ、ヤフーなどの情報で見かけたみなさんもいると思います。ハーブガーデンシャンプー

元より為替介入(外国為替平衡操作)は我が国では、◯大臣(財務大臣)為替の相場の沈着を実現できるように行なう手段として位置づけられています。

わかりやすく言うと、激しい円高や円安の際に財務大臣の用命のもとに日本銀行が日本円を取引することで為替レートの安定を狙う、ものです。

為替介入にはいくつか方法があります。

1.単独介入・・・政府や中央銀行(日本銀行)が東京市場で直接市場に参入してきて為替介入をする。

2.協調介入・・・多くの通貨当局が協議し各銀行などがお金を使い同時ないし続けて為替介入(外国為替市場介入)を行なう。

3.委託介入・・・外国の銀行などへ為替介入(外国為替平衡操作)を委任する。

4.逆委託介入・・・日本銀行が海外銀行などの代わりに外国為替市場介入(為替介入)を実行する。

こんな種類があります。

どの為替介入も一時、または連続して市場にとても影響を与えるのです。

外国為替市場介入(為替介入)の資金はさすがに国の面子をかけて行なうのですからスケールが大きいです。

円を例にして考えると、いつもは数銭単位で動く相場が不意に大きく動きをします。

個人で投資をしている人ならばこれまでに経験があると思いますが、これまで期待通りに含み益(または損失)が増えているポジションを保っていたところ、持っている保有高が決済となりましたと情報が業者の発信でメールが届き。

どの程度儲けが出たのかな(損益が出たのかな)?と気にしながら決済された情報を確認したら、自分の中で想像していた内容とはまったく逆の状態で驚いたという事例がありました。

介入が行なわれると多く聞いた話なのです。

この例のように為替介入が実施されると、為替の変動と逆の動きをするものなのです。

変動する金額の幅はかなりでかく変化するため注意しましょう。