「スプレッド」とは外為は通貨ペアを取引して利幅を得る商品です。79-6-35

トレードの値は、いつも変動しています。79-4-35

これが為替市場です。79-20-35

インターネットを見ているとドルやユーロのマーケットのニュースが流れることがあります。79-7-35

「今日のドル相場は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。79-8-35

これは80円50銭から80円52銭の間で注文されているという事を表しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを表示しています。79-3-35

言い換えると、トレードには買いと売りの2個の値があります。79-16-35

売値、買値ではなくビット、アスクと表示するFX会社もあったりします。79-9-35

買値よりも売値が安価に決定されています。ABCクリニック 札幌院

現実に買値は高く、売値は低くなるものです。79-5-35

その差をスプレッドといい会社の収入の1つになっています。

スプレッドはFX取引会社によって異なります。

スプレッド幅はあなたにとって支出となるので、低いFX会社を選んだほうが有益です。

ただ、同じFX会社でも場合によってスプレッド幅は変わります。

日常的にはドルと円の通貨ペアで1銭のスプレッドの差であるとしてもレートの動きが激しい場合には3銭、4銭になったりする場面があります。

ですから、スプレッドが狭いのと同じく変化しない事が重要です。

固定したスプレッドの狭さを提示する業者も多くあったりします。

実際にFX会社の取引画面の中でリアルな為替相場を見なければ見分けられないのでわずらわしいですが、必要不可欠な事です。

大事な投資資金を投入して売り買いをするわけですから、現実の取引の前に、気になるFX会社の新しい口座開設をいくつもして提示されているスプレッド幅を知っておきましょう。

同じペアでも、そのときの相場のボラティリティによって、外貨のスプレッドの幅は異なります。

たいがい、銀行間取引で取引高が多いペアではスプレッドが小さく、それ以外のペアではスプレッドの幅が広がる事がよくあります。