通常の初心者向けのFX取引の教科書では、「損失が生じた時にはナンピン買いをすることによって平均のコストをコントロールする」などとアドバイスしていたりしますが、実際はこれはかなりの隠れたリスクがあります。オンラインパチスロ

最初に、ナンピン買いのロジックに関して簡単に記述します。アクアデオ

仮定として1ドル=100円でドルを買ったとします。中国 国際結婚

ドル買いですから、円安ドル高に推移するほど黒字を得られますが、思い通りに行かず1ドルが95円まで円高・ドル安に振れてしまったとします。

この状況でポジションを保持し続けたら、利益がでるためには、円高になった分円安が進まなければならない。

投資家であれば、損は早急に回復したいと願うでしょう。

この状況を打破するため最初に売買したのと同じだけのドルを、95円で買い増しする。

そうしたら、ポジションの平均の単価は1ドル=97.50銭まで低くする事が出来ます。

つまり、半分の幅で円安が進むと赤字を失くすことが出来ます。

それが、ナンピンの理論です。

ナンピン買いのロジックを聞くと「もっともだ」という気分になるが為替はそう簡単に上手くはいきません。

だいたい、95円が下限だとということなど、誰一人として分かりません。

例として、為替相場がかなり強い円高トレンドだとすれば、1ドル95円では収まらず、一段のドル安に進むリスクは高くなります。

ひとつの例として、1ドル=97.50円でナンピンを入れたにもかかわらず95円まで円高に向ったらナンピンをした分についても損が生まれてしまいます。

そういう状態では一番初めにエントリーしたドルと合わさってダブルで為替差損が生まれます。

例示したとおり、ナンピン買いは難しいのだ。

であるなら、為替相場が己の脚本とは別の方向にすぐに進んでしまった場合、どういうやり方で危機の確率を軽減すればいいのだろうか。

こういう時には取るべき道は2つ。

最初のひとつは潔く、ポジションを閉じる事です。

別の方法としては今、自分自身が保有しているポジションを減らす事で、再び相場が元のようになるのをひたすら待ち望む事だけです。

少し弱腰のやり方だと思う方もいるkもしれません。

けれども、自分の買いポジションに差損が生まれた場合最も妥当な手段はこれよりいいものは考えられません。

当然、ロジックとしては、ナンピンをするという対策もあるように思えます。

けれどもナンピン買いは、自分がマイナスになっているのに、買いポジションを減少させるどころか遂にポジションを重ねていく方法である。

この手法では、危険を避けることなど、どこをどうやっても可能ではないと考えるべきです。

ナンピンを続けられればやがては損を取り返せるかもしれません。

しかし、それ以前に投資資金は不足してしまいます。